神戸新聞公式「うっとこ兵庫」

兵庫県の地方紙「神戸新聞」です。過去記事の中から、記者らがテーマごとに独自の視点で選び、背景や取材の裏話などとともに紹介します。ゆかりの有名人の逸話や、ほっこりする地域の話題など兵庫の魅力を、毎週水曜正午と土曜午後6時に投稿します。「おもろい」と思われた方、ぜひフォローください

神戸新聞公式「うっとこ兵庫」

兵庫県の地方紙「神戸新聞」です。過去記事の中から、記者らがテーマごとに独自の視点で選び、背景や取材の裏話などとともに紹介します。ゆかりの有名人の逸話や、ほっこりする地域の話題など兵庫の魅力を、毎週水曜正午と土曜午後6時に投稿します。「おもろい」と思われた方、ぜひフォローください

記事一覧

世界最長のつり橋、明石海峡大橋が開通するまで

兵庫が世界に誇る建造物、明石海峡大橋です。神戸と淡路島を結び、開通から20年以上たちますが、つり橋としては現在も世界最長です。車で渡ってみると、主塔の巨大さと橋…

村上春樹、山崎豊子、小川洋子…。多くの文豪が愛した西宮、芦屋を歩く

   こんちにちはド・ローカルです。    すっかり秋めいてきました。文学の秋。ノーベルの秋です。今回は「文学」を切り口に、多くの文豪たちが愛し、居住してきた西宮…

粒坐天照、自凝島、乎疑原…。まるで呪文のような神社の名前、皆さんは読めますか?

こんにちは、シャープです。 今回の投稿は、多くの方々にご好評いただいている「難読シリーズ」の続編です。 兵庫県内の難読地名、難読人名と取り上げてきて、「次は何が…

神戸出身で初の2千安打を達成した西武、栗山。マスコミ対応も超一流

神戸市西区出身で、プロ野球・西武の栗山巧選手が9月4日、通算2千安打を達成しました。自身が38歳となった誕生日の翌日のことでした。兵庫県出身者では元ヤクルトの古…

タンタンの神戸ライフ―。愛らしい写真で21年を振り返りました

中国から来日して21年。神戸市立王子動物園の人気者、ジャイアントパンダのタンタン(旦旦)です。中国への返還期限を迎えてますが、今も愛らしいしぐさで来園者をなごま…

最近使いました? 街中の公衆電話

最後に使ったのはいつでしょうか。公衆電話です。古手の記者はかなりお世話になったはずです。スマートフォンの普及などで大幅に数を減らしていますが、災害時などには今で…

世界最長のつり橋、明石海峡大橋が開通するまで

世界最長のつり橋、明石海峡大橋が開通するまで

兵庫が世界に誇る建造物、明石海峡大橋です。神戸と淡路島を結び、開通から20年以上たちますが、つり橋としては現在も世界最長です。車で渡ってみると、主塔の巨大さと橋の長さに圧倒されます。播州人3号が大橋の歴史を振り返ります。

名前に「明石」が付きますが、神戸市垂水区と淡路市をつないでいます。
全長3911メートル。当初の計画から1メートルも伸びました。

原因は工事途中の1995年1月に起きた阪神・

もっとみる
村上春樹、山崎豊子、小川洋子…。多くの文豪が愛した西宮、芦屋を歩く

村上春樹、山崎豊子、小川洋子…。多くの文豪が愛した西宮、芦屋を歩く

   こんちにちはド・ローカルです。
   すっかり秋めいてきました。文学の秋。ノーベルの秋です。今回は「文学」を切り口に、多くの文豪たちが愛し、居住してきた西宮、芦屋の街を紹介したいと思います。
   この時期、毎年のようにノーベル文学賞候補に名前が挙がる村上春樹のデビュー作の舞台は芦屋でした。「細雪」の谷崎潤一郎、「砂の城」の遠藤周作、「火垂(ほたる)の墓」の野坂昭如のほか、山崎豊子、小川洋子

もっとみる
粒坐天照、自凝島、乎疑原…。まるで呪文のような神社の名前、皆さんは読めますか?

粒坐天照、自凝島、乎疑原…。まるで呪文のような神社の名前、皆さんは読めますか?

こんにちは、シャープです。

今回の投稿は、多くの方々にご好評いただいている「難読シリーズ」の続編です。

兵庫県内の難読地名、難読人名と取り上げてきて、「次は何がいいかなあ」と同僚と話し合ったところ、山、川、信号の標識、駅などさまざまなアイデアが浮かびました。そのうえで、神戸新聞の過去の紙面をいろいろと調べていたところ、たどり着いたのが、人気企画「社寺巡礼」(2007年~15年、全364回)です

もっとみる
神戸出身で初の2千安打を達成した西武、栗山。マスコミ対応も超一流

神戸出身で初の2千安打を達成した西武、栗山。マスコミ対応も超一流

神戸市西区出身で、プロ野球・西武の栗山巧選手が9月4日、通算2千安打を達成しました。自身が38歳となった誕生日の翌日のことでした。兵庫県出身者では元ヤクルトの古田敦也さん(川西市出身)、巨人の坂本勇人選手(伊丹市出身)に続いて3人目、神戸市出身者では初めてとなります。今回は、快挙を成し遂げた栗山選手について、30年来の西武ファンで個人的にも応援してきた筆者、獅子党から詳しく紹介したいと思います。

もっとみる
タンタンの神戸ライフ―。愛らしい写真で21年を振り返りました

タンタンの神戸ライフ―。愛らしい写真で21年を振り返りました

中国から来日して21年。神戸市立王子動物園の人気者、ジャイアントパンダのタンタン(旦旦)です。中国への返還期限を迎えてますが、今も愛らしいしぐさで来園者をなごませてくれています。播州人3号がタンタンの神戸ライフを振り返ります。

到着したのは21年前の7月16日でした。
一緒に来日したコウコウ(興興)とともに市民を挙げて歓迎しました。

パンダ 熱烈歓迎
王子動物園

到着したコウコウ(左)とタン

もっとみる
最近使いました? 街中の公衆電話

最近使いました? 街中の公衆電話

最後に使ったのはいつでしょうか。公衆電話です。古手の記者はかなりお世話になったはずです。スマートフォンの普及などで大幅に数を減らしていますが、災害時などには今でも頼れる存在です。播州人3号が、これまでに取り上げられた記事を紹介します。

緑が有名ですが、複数種あります。100円玉が使えるなど、色によって機能も異なります。写真は2014年2月に紙面で紹介された高砂市内の喫茶店に並ぶ電話です。

登場

もっとみる