人工呼吸器をつけ 全国で初めて普通学校を卒業した歩さん 制度の壁こじ開けた35年(3)
見出し画像

人工呼吸器をつけ 全国で初めて普通学校を卒業した歩さん 制度の壁こじ開けた35年(3)

神戸新聞公式「うっとこ兵庫」

■自立に向かって

人工呼吸器を装着し、当時前例がなかった在宅生活を4歳で始めた平本歩さん。2011年初春、ついに1人暮らしを決意します。

神戸新聞記者 久保田麻依子

◆1人暮らし 部屋の愛称は「とんちん館」

 25歳になった歩さんは2011年春、1人暮らしへの決意を固める。人工呼吸器を付けた同年代の友人2人が、大阪・箕面市で共同生活に挑戦していることに刺激を受けた。そして何にも増して、亡くなった父の弘冨美さんがくれた「自立に向かって邁進せよ」との遺言に突き動かされ、ずっと目標にしてきたことだった。
 折しも前年から兵庫県尼崎市に申請が認められ、ヘルパー2人態勢で24時間の介助が得られるようになった。家族の他に信頼できる仲間の輪も広がった。幼い頃から世話をしてくれる15歳上のヘルパー立花真理さんらに相談し、自立生活への挑戦に動き出した。

この続きをみるには

この続き: 3,973文字 / 画像6枚

人工呼吸器をつけ 全国で初めて普通学校を卒業した歩さん 制度の壁こじ開けた35年(3)

神戸新聞公式「うっとこ兵庫」

100円

嬉しいです!春の姫路城です(2020)
神戸新聞公式「うっとこ兵庫」
兵庫県の地方紙「神戸新聞」です。過去記事の中から、記者らがテーマごとに独自の視点で選び、背景や取材の裏話などとともに紹介します。ゆかりの有名人の逸話や、ほっこりする地域の話題など兵庫の魅力を、毎週水曜正午と土曜午後6時に投稿します。「おもろい」と思われた方、ぜひフォローください