もしかして、あなたもわたしも「生きるのヘタ?」。なんか生きづらい…モヤモヤする…、みんなで語り合いませんか?
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

もしかして、あなたもわたしも「生きるのヘタ?」。なんか生きづらい…モヤモヤする…、みんなで語り合いませんか?

神戸新聞公式「うっとこ兵庫」

何かと「生きづらい」世の中です。「ふぅぅ…」と、思わずため息をついたあなた。電子版「神戸新聞NEXT」にある特設コーナー「生きるのヘタ会? てんてん×神戸新聞」をのぞきに来ませんか?ベストセラー「ツレがうつになりまして。」の漫画家、細川貂々てんてんさん(兵庫県宝塚市在住)とのコラボ企画で、読者のみなさんから寄せられた「なーんか、しんどいなぁ」の声や、インタビューなどを随時アップしています。コーナーを担当する「まあちゃん」が紹介します。

■「生きるのヘタ会?」って何?

こちらが、細川貂々さんが「生きるのヘタ会?」用に、描き下ろしたイラストです。

悩みやしんどさをみんなで話すことで、ホンワカできたらいいな、という願いが込められています。

神戸新聞の「生きるのヘタ会?」は2020年11月にスタートしました。「てんてんさん」はもともと、19年から月1回、宝塚市の市立中央図書館で当事者研究の会「生きるのヘタ会?」を開いています。

当事者研究」って何でしょう?

当事者とは、困りごとを抱えている「わたし」のことで、てんてんさんいわく、弱さや苦労を誰かと語り合うことで、「自分自身を研究する(考える)=生きづらさとうまく付き合えるようになるかも?」というものだそうです。

宝塚での集まりでは、てんてんさんを囲み、参加した人それぞれが「しんどいです…」「生きるのヘタかも」と打ち明けています。
「職場の人間関係がつらい」とか、「子育てがうまくいかない」とか。ほかの人はそれを聞いて、「私も」「自分の場合は…」などと返します。

相手の考えを否定したり、強いアドバイスをしたりはしません。
なんだかあったかい空気の中で、会が進み、それぞれに「気づき」があったりします。宝塚の集まりを取材した記者の「まあちゃん」は思いました。

「この世界を、もっと多くの人と共有できないかなぁ?」

だって、最近、ピリピリ、ギスギス、生きづらいです。コロナ禍でますます。

てんてんさんに持ちかけ、ネットや紙面を舞台にした「神戸新聞版 当事者研究の会」が実現することになりました。

「生きるのヘタ会? てんてん×神戸新聞」では、皆さんから「生きヘタ」の投稿を募っています。サイトから直接投稿できるほか、メールや手紙、ファクスでも声が寄せられます。

約1年で800を超える投稿が届きました。その中から、共感を集めている3人の投稿を紹介します。

「そうか、私、生きヘタだったんだ」。なぜ、自分には友達がいないのか分かりませんでした。時々ご飯やお茶を共にする人はいますが、居心地が悪い、頭痛がするし、約束の日が近付くと気が重いんです。そしてそのうち道で出会っても「またね👋」のみで話は発展しません。避けられてる⁉️ しかし発展しない事に私もどこかホッとしてるところがある。でも、人がいいくせに寂しいんです。生きヘタさんの記事で少しホッとしました。同じ様な人達はいるんだな… 私は生きヘタさんなんだったんだ…。=Miiさん                                   

みんなが盛り上がってる時に一緒に楽しめない性格です。野球やサッカー、ラグビー、オリンピックなど日本中が盛り上がってるのに、何だか冷めていて、自分はその雰囲気になじめません。一緒に盛り上がれば楽しいんだろうなと思いながらみんなを眺めています。何だか孤立する自分がいます。=40代の「ケイ」さん

不器用な私はいつも職場の人たちと自分を比べて、自己嫌悪に…「〇〇さんは仕事が早いね」等の言葉に敏感になって、どんどん自分が小さくなって疎外感を持ってしまいます。人の評価ばかり気にしていて、本当の自分が出せなくて苦しいです。だから友だちもできなくて、これからずーっとこんな自分なのかな?と思うと正直しんどい💦
主人との関係もイマイチで本音で話せないし、子どもが巣立ってしまったらどうなるのかな〜。=50代の「monmonさん」

ほかの投稿はこちらで読めます。

サイトにはコメント欄を設けており、登録なしで相談やアドバイスを書き込むことができます。
てんてんさんから毎月1回、エッセー漫画が届き、「ネガティブ思考クイーン」だったというてんてんさんのロングインタビューや、宝塚の「生きるのヘタ会?」のリポートもあります。

■生きるの「下手」、なの?

「生きるのヘタ会?に参加しませんか?」と誘ったら、もしかしたら「私は、生きるの下手じゃない!」と言う人がいるかもしれません。

でも、ふと思うのです。
「生きるのが上手い人っているんだろうか?」「悩みがない人っているんかな」と。

悩みの大きい小さいや違いはあっても、みんないろんなしんどさを抱えながら生きていると思います。
悩みの渦中にいる時、こんなにつらいのは自分だけ…、と孤独を感じるけれど、そんな時に生きるのヘタ会のサイトを見て、「あ、一人じゃない」「仲間がいたんだ」と思ってもらえたら―。

「生きヘタさん」というキャラクターもデビューしました。皆さんからの投稿を紙面などで呼び掛けます。
キャラクターを手がけたてんてんさんが、キャラクターやコーナーへの思いを寄せてくれました。

 野菜や果物のヘタを使ったキャラクターです。ヘタって、実や本体を支えている重要な場所なので、なんだか「生きるのヘタ会?」に合ってるんじゃないかと思ったのでした。
 私は「生きるのヘタ会?」を始めてやっと「生きヘタさんって、たくさんいるんだなあ」って分かりました。それまでは、私以外の人たちは、みんな強くてへこたれなくて、生き上手だと思い込んでいたのです。
 なので、このコーナーを通じて「あ、生きヘタさんたくさんいるのね」と思ってもらえたらうれしいです。「生きるのがヘタだとダメ人間」と思い込んでる人たちにも「ヘタな方が多数派なんだから大丈夫」って思ってもらいたいです。

■当事者インタビューには南野陽子さんも登場

投稿の紹介に加え、月1回、生きづらさのテーマを決めて、当事者をインタビューし、専門家にアドバイスを尋ね、記事を掲載しています。
これまでに、不安症や摂食障害、発達障害、吃音、孤独な子育て、場面緘黙…などの当事者に話を聞いてきました。

今年1月には、「ナンノ」の愛称で親しまれている兵庫県伊丹市出身の女優、歌手の南野陽子さん(54)が登場しました。
「更年期障害」のしんどさに直面する今、年齢を重ねることへの受け止め、仕事との両立、読者へのメッセージなどを、飾らない言葉で語ってくれました。

南野さんは、取材の中で「週に3日は、寝込みたいぐらいしんどい」と言い、さらには、もともと生理不順など婦人科系の悩みが多く、アイドル時代はそのイライラがうまく表現できなくて、生意気と言われたこともあった、などと話してくれました。
そして、取材を受けた理由についてこう説明しました。「ナンノもそうなの?」「私だけじゃないんだ」と思う人がいるなら―、と。
担当記者は40代前半。私自身、インタビューしながらとても勇気づけられました。

更年期について語った南野さんの「生きヘタ」インタビューはこちら

プロ野球オリックス・バファローズの野手総合兼打撃コーチで、現役時代は打点王に輝いた小谷野栄一さん(41)もインタビューに応じてくれました。
約15年間、心の病の一つ「不安症」と付き合い続けてきたといい、バッターボックスで吐き気に襲われ、寮の自室から出られなくなった苦しい時を経て、「症状が出たら勝ち」と思えるようになるまでの歩みを、恩師であるオリックスゼネラルマネジャー福良淳一さんとのエピソードを交え、語ってくれました。

小谷野さんが「吐き気の症状が出た、ってことは、それだけ真剣に考えているということ」「症状がでてもいいや、出たら勝った、と思えば、恐れるものはありません」と言っていました。
なるほど。いろいろ不安になったり、しんどくなったりするけれど、「それだけ真剣に考えている」と思えば、なんだか前向きな力に転換できる気がします。

不安症との付き合い方を語った小谷野栄一さんのインタビューはこちら

吃音と向き合ってきた落語家、桂文福さんのインタビューでは、吃音を含め文福さんの個性と認め、温かく見守った師匠との関係にほのぼのとなりました。

 「生きるのヘタ会?」のサイトでは、これまでに掲載してきた全インタビューを無料で読むことができます。

 神戸新聞「生きるのヘタ会?」特設サイト

 「生きづらいなぁ」「しんどいな」というあなたの声も、お待ちしています。
 生きるのヘタ会?で、心の荷物をちょっと下ろしませんか。

 〈まあちゃん〉
2001年入社。滋賀県甲賀市出身ですが、大学時代から兵庫に移り住み、神戸新聞で働いて20年。いまでは、ふるさと滋賀よりも、兵庫で暮らす年月の方が長くなりました。6歳と8歳の子どもがいますが、子育てでも、仕事でも、「生きヘタだなあ」と悩むことばかりです。

#細川貂々 #生きるのヘタ会#生きヘタ #当事者研究 #神戸新聞 #南野陽子 #オリックス #小谷野栄一 #桂文福 #パニック障害 #摂食障害 #場面緘黙 #更年期障害 #吃音

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
うれしいです。三田市のシバザクラです(2020)
神戸新聞公式「うっとこ兵庫」
兵庫県の地方紙「神戸新聞」です。過去記事の中から、記者らがテーマごとに独自の視点で選び、背景や取材の裏話などとともに紹介します。ゆかりの有名人の逸話や、ほっこりする地域の話題など兵庫の魅力を、毎週水曜正午と土曜午後6時に投稿します。「おもろい」と思われた方、ぜひフォローください